【200HIACE 足回り講座 NO5】
<ページ一覧  No1    No2    No3    No4   注文の流れ>


最新サスペンションBlog

足回り講座もなんとNo5までになりました。今回のページからは最新記事を上段に掲載します。



2018/05
『ゴールデンウィークが終わると・・・』

毎年ゴールデンウィークが終わると注文が集中するParts

ゴールデンウィークって家族で出かけるので、車体のウィークポイントを奥さんにも伝えやすく、購入の許可が出やすいのでしょうか? 笑

その1 チェックマンリーフ!

硬過ぎるスーパーGL 柔らか過ぎるワゴンGLのリーフスプリングのバネレートを適切なバネレートにします。







その2 ヘルパーエアサスキット

最近ではワゴンGLをベースにしたコンプリートがよく売れています。

構造変更をせず、バネレートを整えたい方も多くエアサス追加で揺れ過ぎる車体を安定させます。






ヘルパーエアサスを付けるなら 必ず装着しておきたいPartsは・・・





エアーライン左右独立キット!

キット標準では左右エアバックの配管は繋がっており、一つのスイッチで操作します。

例えば、コーナーで右に沈んだ場合、沈んだ分だけエアーは左に移動します。

と言う事はロール量が大きくなります。


これは左右独立配管にグレードアップする事で解消されます。

また、後で追加する場合、相当な時間を要するため、左右独立キットはヘルパーエアサス装着当初にセットしておく事をオススメいたします。



その3 ビックローターキット

家族と荷物満載のハイエース

高速道からの出口やパーキング進入時に 『止まらなくて焦った!』 と大半の方が言われます。

転ばぬ先の杖的Parts





ビックローターの商品説明と取説にも記載していますが、対応温度の低い純正ブレーキPADとの併用は不向きです。CX-PADまたはCXJ-PADなどスポーツPADの同時装着がBESTです。




その4 エクスブレース

ハイエースのボディは空荷の使用状態であっても3.5万Kmあたりから変化しだします。

5万Km超では明らかなヘタリを感じます。※弊社における乗り比べデーターに基づく






順序立ててサスペンションに手を入れて行く方はBodyから手を入れて行くことをお勧め致します!

おーわーりっ






 

2018/03
しばらく更新していなかったので久しぶりに書きます。


以前にもブログで書いたことあるんですが ココでも少し触れておきます。

タイトルは『ショップ難民』
ショップ難民とは・・・
例えば遠方のハイエースショップで車体を購入した人
ディーラーで買ってから各ショップをウロチョロしてる人
パーツは全て量販店で買ったけど・・・違法改造車と言われてメンテは受け付けてもらえない
など色々とパターンはあります。

そして彼らは何時しかチェックマンブログに遭遇し
『ここまで やってるのか』 と下回りVIKAVIKA仕上げに目がとまった

 


そして "突然"ファクトリーを訪れ おもむろに こう言う

『僕のクルマのメンテも面倒見てくれませんか?』 とか
『僕の車を触ってくれませんか?』 と漠然とした言い方をする人

例えば、私が車輌預かりでの作業を行っていてオーナーは夕方5時に引き取りに来られる
こんなパターンの場合、全くお話を聞く余裕がありませんし、作業に集中力を要するので、
他の事を考えたくないのです。


何故かは少し説明する時もありますけど こんな感じで入ってくる人は十中八九お断りしています。
ブログでもホームページでも『まずは来店される前にはスケジュールの空き確認をお願いします!』
と何度も書いています。その理由は時間を刻んで一日の業務を行っているからです。

予約来店された時はジックリお話を聞き 説明もいたします。
しかし、前途しました様に突然来られた方には 出来ることでも 出来ません。
と言う事も多々あります。

突然ではなく 前もって電話するなりは 大人として必要な行動だと思いますよ。


ウチもトヨタと契約していますので、車体は直接トヨタから仕入れる事が出来ます。
そして、プランを立てて新車の注文をされる方にはコンプリート製作も行っています。
外注になりますが、シートアレンジも出来ます。
エアロやホイルも各メーカーさんの物を仕入れる事が出来ます。
要するに他社で買った車体のメンテだけを面倒見るのって 
各ハイエースショップからすると あまり気持ちのいいお話では無い


量販店しか行った事が無い人はショップと量販店との付き合い方の違いを理解していないので
お金払ったらなんでも言うこと聞いてくれると思ってる人も多い


『人と人』 って考えれば簡単な事だと思いますけどね
今の嫁さんと付き合うとき どうしましたか? コッチ向いてもらえる様に色々と考えませんでしたか?
と考えれば言い訳ですよ

最後に一つ付け加えますと
メンテだけを目的に来られた方はチェックマンメンバーには一人もいません。
パーツの取り付けから始まったお付き合いです。

【POINT!】
■第一希望日と第二希望日を決めてから 来店前にメールや電話予約を行う
■相談内容や質問内容を決めておく
■解らないことがあっても一度で理解しようとするのは無理なので、何度か通う

たった三つの事をされたのが、現在のチェックマンメンバーです。


これで 
『入って来かたが』  解りましたか?  笑

おーわーりっ

【もう直ぐサマーシーズン到来】
昨年の旅行やキャンプで走行した際 『こりゃ何とか せにゃイカン』 と思った方々が
今一度思い出す時期でもあり、この時期は足回り変更に動き出す方が多い

そこで、初めて来られる方に申しておきます。
まず、パーツ代と基本技術料はHPに記載していますので
大体の金額はつかめると思います。

一番見逃す事が多いのが
取り付け所要日数と受注生産パーツの納期

この辺もチェックしてアクション(注文と相談)を起こして下さい。

 


          <ページ一覧  No1    No2    No3    No4   注文の流れ>
 

About the owner

CHECKMAN

定休日:水曜日

メールでのお問合せ

問い合わせ専用 072-986-8989

CHECKMAN Blog

Mobile